パリのギャラリー・トップへ戻る

ノートルダム大聖堂の火災
フランス,パリ:
世界遺産のノートルダム寺院の火事
撮影取材コーディネーターのロケ現場からの写真:

2019年4月15日の現地時間18時50分ごろ、フランスの首都パリにある世界遺産のノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生した。火災の中心は大聖堂の上部であり消火は難航した。
16日10時までに鎮火が発表されたが、尖塔とその周辺の屋根が崩落した修復作業中だった尖塔が焼けて崩落し、木材で骨格が作られていた屋根の3分の2が焼失した。
火は瞬時に大聖堂の屋根などに燃え移って広がり、約400人の消防隊員が加わった消火活動は9時間に及ぶものとなり(約500人の隊員が15時間活動したという報道もある、火災現場に急いで駆けつけた消防隊員たちは、数十台の消防車と最低でも18の高所放水機材、数機のドローン、1台のロボットを投じるとともに、重要な文化財を移動させていたことを当局者が明かしている。
セーヌ川沿いとか大聖堂周辺には数千人の群がりが確認でき、スマートフォンに炎上する大聖堂を収めた者もいた。パリ市内では中心部のシテ島へ消防車が出動した。炎上する大聖堂は白煙に包まれ、建物の内部には消防隊員のものと考えられる懐中電灯から放たれた光が確認でき、修復工事のために設置された足場の周りでは繰り返し火の粉が見え、夜中になり火災現場の周囲には非常線が張られたが、その外では大勢の人が消火活動を見届けた。